伊国際家具見本市「ミラノサローネ」、ファッションやラグジュアリーの分野からも続々参加

 イタリア・ミラノで4月4日~9日まで開かれる国際家具見本市「サローネ・デル・モービレ・ミラノ(Salone del Mobile Milano)」、通称「ミラノサローネ」第56回には、165ヵ国から30万人以上が来訪すると見られている。今年は特に、ファッションやラグジュアリーといった分野からの参加が今まで以上に目につく。

「マルニ」のインスタレーション - Marni

 展示会期間中にイベントを開くブランドは増加しており、インテリアメーカーとのコラボレーションや、カプセルコレクション、インテリア専門ショップのオープンや、カクテルパーティー、展覧会、ハプニングなど、内容は多岐にわたる。
 
 また、イタリアファッション協会が10年前から独自に作成している「ミラノ・モーダ・デザイン(Milano Moda Design)」カレンダーも、昨年からは特設サイト(milanomodadesign.it)が公開されており、ファッションブランドが行うイベントが閲覧できる。「アルマーニ(Armani)」、「ディーゼル(Diesel)」をはじめ、「エトロ(Etro)」、「フェンディ(Fendi)」、「ミッソーニ( Missoni)」、「ヴェルサーチ(Versace)」、「トラサルディ(Trussardi)」、「エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)」、「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」など、約50ブランドが協会のオフィシャルプログラムに名を連ねる。
 
 中でも注目されているのは、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の展覧会、「オブジェ・ノマド(Objets Nomades)」だ。今話題のデザイナーたちが「ルイ・ヴィトン」のために制作したアイテムが展示される。そして毎度人気を集める「マルニ(Marni)」のインスタレーションでは、今回「マルニ・プレイランド(Marni Playland)」プロジェクトをローンチ。ショールームを巨大な"遊び場"に見立て、玩具の世界に着想を得たプレイフルなデザインのオブジェや彫刻を揃えた。

Twinset Casa - Twinset

 他にも、インテリア分野へ参入した初のコレクションを「ミラノサローネ」で先行発表する予定のブランドは少なくない。「ツインセット・シモーナ・バルビエリ(Twinset Simona Barbieri)」は、ガベル(Gabel)グループのソンマ1867(Somma 1867)と協業し、初となるハウスリネンコレクションを披露する。ライセンス契約に基づいた「ツインセット・カーサ(Twinset Casa)」ラインは、シーツやクッション、タオルといったアイテムを展開。
 
 公式「ミラノサローネ」の他、 "オフ"スケジュールの展示会「フオーリサローネ(Fuorisalone)」もミラノ市内11ヵ所で開催され、両展示会には合わせて2000社以上が集う。また、イベントも1000以上が予定されている。
 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアインテリアテーブルウェア展示会