松嶋菜々子主演 ファッション業界描くドラマ「女の勲章」衣装を公募

 フジテレビが、スペシャルドラマ「女の勲章」を2017年に放送する。松嶋菜々子が主演を務め、作中で登場する衣装のデザインを全国の学生から募集している。

主演を務める松嶋菜々子

 スペシャルドラマは、山崎豊子の小説「女の勲章」を映像化。戦争で家族や家を失った主人公・大庭式子(松嶋菜々子)が、幼少期から興味があった洋服をきっかけに服飾学校を開校し、1950年代の日本におけるデザイナー黎明期を駆け抜ける様子を描く。

 ファッション業界が舞台になっていることから、ドラマで実際に着用される衣装のデザイン画を全国の学生から12月22日まで募集。優秀作品に選ばれた20点は、ファッションショーのシーンに登場する予定だ。また、撮影時にはさらなる審査を行い、グランプリ1点には50万円、優秀作品5点には10万円が賞金として贈られる。プロデューサーの太田大は、同企画について「デザイナーとして頂点を目指していく本作の主人公にちなんで、未来のファッション業界を引っ張っていく学生の皆さんがチャンスをつかむための応援ができればと思い企画しました。若い皆さんが、これまで知ることのなかった1950年代という時代に思いをはせながら、若いアイデアと考えをぶつけることで、新しい何かが生まれることを期待しています」とコメントしている。
 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

メディアピープル
新規登録