ギャルソン展開「ゴーシャ・ラブチンスキー」、ガンリュウの店舗跡地に出店へ

 「ゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)」が、2017年秋冬シーズンから日本国内で販売店舗を拡大させる。コム デ ギャルソン社が、同シーズンから国内での店舗運営やプレス業務などを担当。2017年春夏コレクションでブランドを休止する「ガンリュウ(Ganryu)」の店舗跡地には、順次「ゴーシャ・ラブチンスキー」が出店する。

Gosha Rubchinskiy

 「ゴーシャ・ラブチンスキー」の店舗へとスライドする「ガンリュウ」の国内店舗は、ドーバー ストリート マーケット ギンザと伊勢丹メンズ館の2店舗。これに加えて、丸の内や福岡の路面店、藤井大丸や阪急うめだ本店、名古屋ラシック、トレーディング ミュージアム コム デ ギャルソン(Trading Museum Comme des Garcons)といったコム デ ギャルソンの直営店でも順次、「ゴーシャ・ラブチンスキー」の取り扱いをスタートさせる。
 
 「ゴーシャ・ラブチンスキー」はコム デ ギャルソン インターナショナルが商標権を所有。コム デ ギャルソンが生産からマーケティング、プレス業務までを担っている。コム デ ギャルソン インターナショナルの取り扱いブランドは、「コム デ ギャルソン パルファム(Comme des Garcons Parfums)」や「コム デ ギャルソン・シャツ(Comme des Garçons Shirt)」などで、いずれも川久保玲がディレクター。ゴーシャ・ラブチンスキーはブランドのアーティスティックディレクターというポジションで同社には所属せず、フォトグラファーとしても活動を続けている。
 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアリテール