エルメネジルド ゼニア、豪シドニーでウールトロフィー50周年記念イベントを開催

 イタリアを代表するメンズラグジュアリーブランド「Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)」が4月22日〜23日、オーストラリアのシドニーで「ウールアワード」50周年記念イベントを開催した。エルメネジルド ゼニアが1963年に創設した「ウールアワード」は、オーストラリアの羊毛生産者の努力と品質向上を称え、優れた超極細メリノウール生産者に「エルメネジルド ゼニア ウールトロフィー」を贈るもの。

ゼニアのものづくりは牧場から始まる


 創設50周年を記念した今回のイベントでは、The Woolmark Company(ザ・ウールマーク・カンパニー)の協力の下、オーストラリアでの羊毛生産農場へのツアーをはじめ、シドニーの王立産業ホールでのファッションショーや祝賀会など、牧場に始まるゼニアのものづくりを理解してもらうための多種多様な体験型イベントが催された。

 シドニーのMoorePark(ムア・パーク)地区に位置する王立産業ホールで行われたファッションショーでは、50周年を記念するカプセルコレクション「Ermenegildo Zegna Wool Trophy 50th Anniversary 1963-2013」を発表。2012年度ウールトロフィーを受賞した高品質ウールを使った千鳥格子柄のアイテムのほか、1963年の第1回トロフィー受賞メリノウールで作られた毛織物からインスピレーションを得た作品も登場した。

 エルメネジルド ゼニアはまた、2002年に13.9ミクロン以下の細さのウールを対象にした「Vellus Aureum(ヴェリュス オウレウム:ラテン語で「黄金の羊毛」の意)」トロフィーを創設。今年度は、11.5ミクロン級のウルトラファインウールを生産したWindradeen(ウィンドラディーン)牧場に贈られた。

スイス人アーティストのノット・ヴィタルが制作したトロフィー


 トロフィーは今回より、米国人アーティストKiki Smith(キキ・スミス)が制作したものが採用されることとなった。



 エルメネジルド ゼニア グループは現在、約100カ国に557店舗を展開。2012年の売上高は前年比12%増の12億6000万ユーロ(約1612億8000万円)だった。

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズ産業
新規登録