女優ダコタ・ファニング初の監督作「ミュウミュウ」が新作ショートフィルム公開

 「ミュウミュウ(Miu Miu)」が、ショートフィルムプロジェクト「Miu Miu Women's Tales(女性たちの物語)」の第15弾「Hello Apartment」を発表した。女優のダコタ・ファニング(Dakota Fanning)を監督に迎えて制作。

Hello Apartment - 画像: Miu Miu

 「Hello Apartment」は、ブルックリンのアパートの一室で一人暮らしを始める主人公イヴの物語。ダコタ・ファニング初の監督作で、過ぎ去った日々や年月の断片的な記憶を官能的に追体験する若き女性の姿が優しく描かれている。脚本を手掛けたリズ・ハナーは、コンセプトについて「ひとつの空間のなかで、自分の過去を追体験すると同時に、現在の人生をリアルタイムで体験する気持ち」とし、ファニングはストーリーについて「初めて一人暮らしをした家に着想を得ました。現在も同じ家に住んでいます。数々の体験が刻まれた思い入れのある場所です」と語っている。
 
 2011年にスタートした「Miu Miu Women's Tales」は、国際的に活躍する女性映画監督を起用したショートフィルムプロジェクト。第11弾には河瀨直美監督が起用され、主演は女優の安藤サクラが務めた。


 

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアピープル広告・キャンペーン
新規登録