リシュモン、ジェローム・ランベールをCEOに アジアの売上好調

 リシュモン(Richemont)が、現在COOを務めるジェローム・ランベール(Jerome Lambert)をCEOに起用した。

コレクションを見る
Chloe - Fall-Winter2018 - Womenswear - Paris - © PixelFormula

 「IWC」や「ピアジェ(Piaget)」などを傘下に収めるリシュモングループは、1年半前に前任のリシャール・ルプー(Richard Lepeu)が引退して以来、 常務会を置いて経営を行ってきた。
 
 同じく有力候補と見られていたジョージ・カーン(Georges Kern)は、競合相手のブライトリング(Breitling)へと移っている。
 
 「消費者の動向が大きく変わりつつある中で、グループの更なる成長を率いていくのがジェロームの新しい役割だ」とリシュモンのヨハン・ルパート(Johann Rupert)会長。
 
 ランベール新CEOは「カルティエ(Cartier)」、「ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」のトップや常務会の財務責任者の「代表として」業務にあたり、「メゾンそれぞれの特性を尊重しつつ、グループ共通の目標を達成するために一貫性のあるアプローチを実施していく」という。
 
 また、同グループは、ウォッチ・ジュエリー部門の売上高が4-8月の間で10%伸びたとも発表している。特にアジア・太平洋と米州地域がけん引した。
 
 最近取得したECのユークス・ネッタポルテ(Yoox Net-a-Porter)(YNAP)やWatchfinder.co.ukを含めた5ヵ月間の売上高は、25%増の56億7000万ユーロ(約7311億6500万円)となった。
 
 「中東以外のすべての地域で増収となり、アジア太平洋と米州が好調に推移してけん引した。香港、韓国、マカオも2桁台の成長となり、中国も堅調だった」。

 しかし、ウォッチブランドのみだと増収は4%に留まる。引き続き卸先から売れ残りのストックを買い戻し、在庫調整を行っていることが原因だ。
 

(2018年9月10日現在、1ユーロ=129円で換算)

 

© Thomson Reuters 2018 All rights reserved.

ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ウォッチ宝飾品・貴金属リテール人事
新規登録