住友商事、日本での化粧品ODM事業への本格参入を発表

 住友商事、住商ファーマインターナショナルおよびイタリアの化粧品ODM会社であるIntercos S.p.Aは、日本での化粧品ODM事業に本格的に参入する。3社は、2018年度内に共同で事業会社・研究施設の立ち上げを計画。日本の化粧品メーカーを対象とした質の高いODM事業を展開し、日本発の高品質かつ高機能な化粧品の提供を通じて世界中のユーザーの美容と健康へのニーズに応えていくという。

Intercos公式サイトより

 Intercosは、化粧品メーカー向けに商品の設計および企画提案、受託製造までを行うODM事業を手掛けている。世界的に有名な化粧品ブランドをはじめとする約430社へサービスを提供しており、特にメイクアップやスキンケアの分野に強みを持つ。現在は欧州、米州、中国、韓国などを中心に11カ所の研究拠点と15カ所の製造拠点を保有している。
 
 住友商事と住商ファーマインターナショナルは、米国の化粧品素材販売会社であるプレスパースやブラジルのコスモテック、韓国の化粧品素材技術ベンチャーであるバイオジェニックスへの出資などを通じ、国内外の化粧品メーカーのパートナーとして化粧品素材事業を展開してきた。Intercosとの共同事業を通じ、事業ポートフォリオの強化を図るという。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

コスメビジネス