ジョン・ガリアーノもファーフリー宣言

  「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のアーティスティックディレクターを務めるジョン・ガリアーノ(John Galliano)が、今後コレクションに動物の毛皮を使用しないことを発表した。「グッチ(Gucci)」や「ヴェルサーチ(Versace)」に続く形となった。

Archiv

 今回の決断の理由として、ジョン・ガリアーノ自身は米PETAのヴァイスプレジデントを務めるダン・マシューズ(Dan Mathews)との出会いを挙げている。また、自身はベジタリアンに転向したこともフランス版『エル(Elle)』誌のインタビューで話した。
 
 「今の時代、僕らが求めているのは商品ではなくて、倫理だ。メゾンは人々が大切にする価値観を守らなくてはいけない。(中略)毛皮なしでもユニークで楽しいことはできるからね!」とジョン・ガリアーノ。
 
 これまでに、「グッチ」、「ヴェルサーチ」、「マイケル・コース(Michael Kors)」、「ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)」、「ヒューゴ・ボス(Hugo Boss)」、「ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)」、「カルバン・クライン(Calvin Klein)」、「DKNY」、「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」など、多くの大手ブランドが動物の毛皮をコレクションに用いないことを宣言している。

 

Copyright © 2018 AFP-Relaxnews. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズテキスタイルラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズラグジュアリー - その他産業