「サマンサベガ」ニコラ・フォルミケッティ迎えブランド刷新、アパレルラインが初登場

 サマンサタバサジャパンリミテッドが展開する「サマンサベガ(Samantha Vega)」が、ニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)を新ディレクターに迎え、リブランディングを行う。バッグコレクションに加えて、ブランド初となるアパレルラインの展開を開始する。

ショップイメージ 画像: サマンサタバサジャパンリミテッド

 サマンサベガは、「誰かに媚びるのでは無く、自分の価値やスタイルを大切にする女性」に向けたレイドバック&カジュアルスタイルを提案。アスレジャーをテーマに、西海岸のアップトレンドとスポーツテイストをミックスしたウエアやバッグをそろえる。ニコラ・フォルミケッティは「アメリカ西海岸のクールさを日本の女の子に伝えたいと思い新しいコレクションを発表しました」とコメントしている。

 7月20日には、ルミネエスト新宿と渋谷109にショップがオープン。同日から8月1日までは、サマンサタバサ 表参道GATES ポップアップ デジタルストアで期間限定ショップを開催するほか、サマンサタバサの公式ECサイトでは7月14日から新コレクションが先行発売される。

 サマンサベガのブランド刷新に先駆けて、「サマンサタバサ」は1994年の設立以来初となるリブランディングを今春から実施している。新アイコンバッグ「バイオレット ディー(Violet D)」を発表し、ミューズにはミレニアルセレブを起用。かつてニューヨークにショールームや店舗を構えていた頃のイメージを取り戻し、グローバルブランドへと原点回帰を図っている。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨人事コレクション