「サンローラン」、NYでショー開催 19年春夏メンズはモダンウエスタン

  6月6日にニューヨークでランウェイショーを行い、19年春夏メンズコレクションを披露した「サンローラン(Saint Laurent)」。デザイナーのアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)は、ロックなスタイルにウエスタンな要素を取り入れてみせた。メゾンがニューヨークでショーを行うのは初めてのことだ。

Saint Laurent

 2016年4月に就任して以来、ヴァカレロはメンズ・ウィメンズを同時に発表し続けてきたが、今回はメンズ単独のショー開催となった。しかし、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)など、女性モデルも数名キャットウォークに登場している。
 
 スキニーなシルエットのダークなパンツにレザーのカウボーイブーツを合わせるスタイリングがメインに。エディ・スリマン(Hedi Slimane)が持ち込んだロックなエスプリをヴァカレロも継承していた。
 
 さらに、裸の上半身にネックレスのみを身につけたルックは、ネイティブアメリカンのアクセサリーを彷彿とさせる。
 
 バンダナ、フリンジ、レザーのレースアップ、肩に施したシルバーエンブロイダリーやコルドベスハットなど、ウエスタンな要素は様々な形で登場した。

Saint Laurent Men's SS2019

  ニューヨーク ファッションウィーク"6月版"では、他に「アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)」などが従来のスケジュールからの脱却を目指してランウェイショーを披露した。しかし、多くのブランドは19年春夏コレクションではなく、"リゾート"や"クルーズ"といったプレコレクションを発表している。

 

Copyright © 2018 AFP-Relaxnews. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ファッションショー