「ダイアン フォン ファステンバーグ」ジョナサン・サンダースの後任が決定

 ニューヨークを拠点とする「ダイアン フォン ファステンバーグ(Diane von Furstenberg)」が、ナサン・ヤンデン(Nathan Jenden)をチーフデザインオフィサーおよびヴァイスプレジデントに起用したことを発表した。

ブランドのインスタグラムより

 ナサン・ヤンデンは2001年から2010年2月14日までの期間、ダイアン フォン ファステンバーグでクリエーティブディレクターを務めた経験を持つ。今回の就任により同ブランドに復帰することになったヤンデンは、自身のインスタグラムのアカウントで「戻ってきたことにワクワクしています」と報告している。

 2016年5月からチーフクリエーティブオフィサーを務めてきた前任のジョナサン・サンダース(Jonathan Saunders)は、昨年12月に退任が発表された。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェア人事