「プロエンザ スクーラー」が再びニューヨークへ、2019年春夏コレクションから復帰

 「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」が、2019年春夏コレクションからニューヨークへとコレクション発表の場を戻す。

「プロエンザ スクーラー」デザイナー

 プロエンザ スクーラーは昨年、メインコレクションとプレコレクションを統合するとともに発表の場をパリに変更。2017年7月と2018年1月にパリでショーを開催した。
 
 ブランドの創業者兼デザイナー ジャック・マッコロー(Jack McCollough)とラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)は、「パリでは、これまでプロエンザ スクーラーのショーに来場できなかった全く異なるオーディエンスに向けて作品を発表する貴重な機会を得ることができた。忘れられないパリでのショーに関わった全ての方に感謝している。今は全てが始まったホームに戻り、9月に開催されるニューヨークファッションウィークへ復帰することをとても楽しみにしている」と公式インスタグラムでコメントしている。


 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッションショー