「ミッソーニ×ピガール」ニット技術がスポーツウエアと融合 ドーバー銀座で発売

 「ミッソーニ(Missoni)」が、仏「ピガール(Pigalle)」とコラボレーションし、メンズウエアのカプセルコレクションを製作した。トラックパンツやスウェット、バスケットボールといったピガールの象徴的なアイテムに、ミッソーニが得意とするニットウエアの技術が融合。国内では「ドーバー ストリート マーケット ギンザ」で4月22日から販売される。

ピガール

 カプセルコレクションは、バスケットボールカルチャーから着想。ミッソーニのアーカイブファブリックを基にデザインされたパッチワークは、トラックパンツやスウェット、ジャケット、ローブといったアイテムに取り入れられた。バスケットボールは日本の伝統的な手まり技術によって作られるなど、"職人技"に重きを置く両ブランドのフィロソフィーを反映。Tシャツには両ブランドのロゴが並べられた。ピガールのディレクターを務めるステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)は「ミッソーニは素晴らしい芸術性と技術を、ピガールはルールに縛られない自由なビジョンをそれぞれ提供した」とコメントしている。

ピガール

 コレクションは2色のバリエーションで展開され、ベージュ&イエローからなるライトカラーのアイテムは仏セレクトショップ「コレット(Colette)」で販売。ドーバー ストリート マーケット ギンザでは、ブルー&パープルのダークカラーを取り扱う。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨コレクション