「メルカリ」が世界1億ダウンロード突破、ネイマール選手がアンバサダーに就任

 フリマアプリ「メルカリ」が、12月16日時点で世界累計1億ダウンロードを突破したことを発表した。グローバルでの成長が加速しており、今後世界展開を強化するためプロサッカーのネイマール選手をグローバルアンバサダーに起用。同氏が出演するイメージムービーが12月20日から公開された。

ネイマール選手が出演するイメージムービー画像: メルカリ

 メルカリでは匿名配送サービスを充実させるなど安心・安全面に注力しているほか、今年に入ってからはライブ動画配信で商品の売買ができる「メルカリチャンネル」や不用品を即座に現金化できる即時買取サービス「メルカリNOW」といった新機能を導入。これらの取り組みから現在の国内のダウンロード数は6,000万超、一日の出品数は100万品以上となり、フリマアプリ利用者の94%がメルカリを利用する国内最大のフリマアプリに成長している。
 
 米国では今年6月に元フェイスブック社バイスプレジデントのジョン・ラーゲリンが参画し、11月にはダウンロード数3,000万を突破。イギリスでは今年3月にアプリをリリースし、国内のGoogle Play's Best Apps of 2017に選出され「New App With the Most Downloads」の賞を受賞するなど、日本国内に留まらずグローバルでの成長が加速している。


 



 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他メディアピープル