「ユニクロ U」2018年春夏は自然界の色から着想した鮮やかなコレクションに

 ユニクロが、新ライン「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」の4シーズン目となる2018年春夏コレクションを2018年1月26日から国内のユニクロ店舗およびオンラインストアで順次販売する。ウィメンズ50型、メンズ38型、グッズ8型がそろい、990円〜1万2,900円(税別)の価格帯でラインナップする。

キービジュアル - 画像: Uniqlo

 ユニクロ ユーはクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が率いるパリR&Dセンター発の新ラインで、昨年9月にデビュー。2018年春夏コレクションでは、空や海のブルー、森のグリーンなど、自然からインスパイアされた色鮮やかなカラーを取り入れ、程よいオーバーサイズ感でリラックスできるシルエットに仕上げた。アクセントカラーとしてオレンジやレッド、ストライプやボーダー柄などをそろえ、ウィメンズでは太めのストライプ柄が特徴的な「オープンカラーシャツ」が初登場し、メンズからはヘビーウェイトのコットン素材を使用したマルチカラーの「ボーダーT」が展開される。
 
 そのほか、撥水加工および防風機能が付いたハイスペックなコートが発売。前シーズンで好評だったホールガーメント技術を使った3D U-Knitでは、さらっとした肌触りが特徴のハイツイストコットン素材が採用された。
 
 シーズン後半には縫い目をできるだけ減らすことで快適な着心地を実現したスイムウエアを展開。ストラップが取り外し可能でバンドゥ型にもなる2WAYタイプのビキニが新たに登場するほか、ホルターネックのワンピースタイプ、バイカラーのビキニのセットアップなど全6型がそろう。

 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨コレクション