「ランバン」新ディレクターにオリヴィエ・ラピドスが就任

 「ランバン(Lanvin)」が、新アーティスティックディレクターにオリヴィエ・ラピドス(Olivier Lapidus)を任命した。ラピドスは「バルマン オム(Balmain Homme)」を手掛けた経験を持つデザイナー。ラピドスによる新生ランバンは2018年春夏ウィメンズのプレタポルテコレクションでデビューする。

ランバン

 ランバンのシャウ・ラン・ウオン社長はラピドスについて「彼のクリエーションは、ジャンヌ・ランバンによって具現化されたエレガンスに通じています。彼のメゾンに対する世界観、ファッションとデザインの世界観に対する幅広い理解、全くモダンなアプローチの方法は、『ランバン』を新たな領域に導くでしょう」とコメントを発表している。

 ランバンは2015年にブランドのアーティスティックディレクターを14年間務めたアルベール・エルバス(Alber Elbaz)が退任。ブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)が後任に起用されたが、就任から1年4カ月での早期退任が今月発表されていた。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッションラグジュアリー人事