「ルイ・ヴィトン」、滋賀県のミホミュージアムで18年クルーズコレクションのショー開催

 「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のアーティスティックディレクター、二コラ・ゲスキエール(Nicolas Ghesquière)が自身のインスタグラムアカウントを通じて、18年クルーズコレクションを滋賀県にあるミホミュージアムで披露すると発表した。開催日は5月14日。

二コラ・ゲスキエールのインスタグラムより

 ミホミュージアムは滋賀県甲賀氏信楽町の山中に位置する美術館で、宗教法人「神慈秀明会」が運営している。20世紀アメリカを代表する建築家で、パリ・ルーヴル美術館のガラスのピラミッドでも知られるイオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei)氏が設計を手掛けた。
 
 前回17年クルーズコレクションは、ブラジルのリオデジャネイロで披露した「ルイ・ヴィトン」。著名な建築家、オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)によって建設されたニテロイ現代美術館(MAC)が会場となっている。
 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズファッションショー