「大人に必要な服を」寺西昌子が手掛ける新ブランドデビュー

 「トロワズィエムチャコ(Troisiemechaco)」を手掛ける寺西昌子が、新ブランド「マサコ テラニシ(Masaco Teranishi)」を立ち上げた。2018年秋冬シーズンからコレクションを展開していく。

2018年秋冬コレクション - 画像: Masaco Teranishi

 寺西昌子はモード学園を卒業後、フォーマルウェアメーカーに就職。フォーマルからカジュアルまで様々なスタイルをデザインする中で、「外見を飾るだけの服ではなく、心も飾る想いのこもった服をつくりたい」と考えるようになり、2014年にトロワズィエムチャコを立ち上げた。
 
 マサコ テラニシは、「大人に必要な服を作りたい」という寺西の思いから生まれたブランド。「Kiri」や「Aralia」などアイテムには全て名前が付けられており、デビューコレクションではラメコードのラッセルレースにグラデーションに染めたオーガンジーリボンを刺繍したスカートや、タラの葉をイメージしたラメカットジャカードのセットアップなどを製作した。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨コレクション
新規登録