「松坂屋コレクション」の能装束4点が重要文化財指定へ

 J.フロントリテイリング史料館が所有する能装束4点が、3月9日に開催された文化審議会の答申を受け、重要文化財に指定されることが決まった。

紺地菖蒲蓬菊桐文様小袖 - 画像: 大丸松坂屋百貨店
 
 松坂屋(現大丸松坂屋百貨店)は、明治時代から積極的に呉服の服飾意匠の開発とデザイナーの育成に努め、1931年から39年にかけて「時代衣裳を収集し、染織意匠の向上と優秀呉服の制作に資する」ことを目的に、衣裳や裂地、雛形本など染織関連品を収集。後世に残すために、1957年に「染織参考館」を京都に建設した。収蔵品は2010年に松坂屋創業の地である名古屋へ移管され、大部分はJ.フロントリテイリング史料館に引き継がれ「松坂屋コレクション」と呼ばれている。

 J.フロントリテイリング史料館では、約1,500点の「松坂屋コレクション」を所有しており、「染分綸子地御所車花鳥文様繡箔小袖」は2011年に重要文化財に指定。今回新たに、「紺地菖蒲蓬菊桐文様小袖」「萌黄地紋入格子縞藤文様片身替厚板」「薄黄地紋入格子鱗文様肩裾厚板」「茶地紋入格子文様厚板」の4点が指定されることが決まった。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアデザイン
新規登録