「ストラディバリウス」旗艦店が心斎橋に出店決定 広さは世界最大級

 今春上陸した「Stradivarius(ストラディバリウス)」が、心斎橋に旗艦店を出店する。世界約900店舗の中でも最大級となる約1,350平方メートルの店舗面積になり、オープンは11月上旬が予定されている。


 「Stradivarius」の旗艦店は、2012年3月にオープンした「Bershka(ベルシュカ)」大阪心斎橋店の斜向かいのエリアに出店予定。フロアは4階構造で内2フロアを売り場(その他2フロアはストックルーム)にする計画で、「何万点の商品を取り扱うのかなどの詳細は現時点では未定」(Stradivarius 広報担当者)という。

 「Stradivarius」は、1994年にスペイン・サバデルで創立。1999年に「Zara(ザラ)」や「Bershka」を扱うInditexグループに入った。アジアはこれまで中国を中心にインドネシアや韓国、シンガポールなどに販路を広げてきたが、2014年春に日本初上陸。2014年内の出店計画は、4月24日の三井ショッピングパーク ららぽーと甲子園(兵庫)、5月9日の三井ショッピングパーク ららぽーとTokyo-Bay(千葉)、今回の旗艦店を含む計8店舗。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアリテール
新規登録