「ヨウジヤマモト オム」が新ユニセックスライン「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト」をローンチ

 「ヨウジヤマモト オム(Yohji  Yamamoto Homme)」が、新ユニセックスライン「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト(Black Scandal Yohji Yamamoto)」を2018年春夏コレクションから発売する。全国ローンチに先駆けて、10月18日~24日の期間中、伊勢丹新宿店メンズ館で一部主要アイテムを先行販売するほか、先行予約も受け付けるという。

Yohji Yamamoto

 1984年よりパリでコレクションを発表し続けている「ヨウジヤマモト オム」。「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト」では、近年のコレクションで人気があったプリントやデザインを再解釈し、ユニセックスなウェアへと落とし込んだ。コブラ、タイガー、鳩、バラ、そしてデザイナー直筆のイラストやポートレートなどを取り入れたプリントを用い、ビッグシルエットのバルーンパンツ、ドレープシャツ、ギャザージャケットといったブランドのアイコニックなアイテムを展開する予定だ。価格帯は、マスターピースであるオールインワン、ジャケットが10万4000円~26万2000円(税抜)、その他18年春夏コレクションのシャツ、パンツが8万円~11万8000円(税抜)。
 
 "ユニセックス"は「ヨウジヤマモト」でも重要な位置を占めるコンセプトで、山本耀司が1972年に立ち上げた「ワイズ(Y’s)」も、「男性の服を女性が着る」というアイディアが原点にある。また、昨年ローンチした若手デザインチームによる新ライン「B ヨウジヤマモト(B Yohji Yamamoto)」は、ウィメンズでありながらサイズによってはユニセックスで着用できるウェアを提案している。
 
 「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト」18年春夏コレクションは、伊勢丹新宿店での先行展開後、12月から全国の「ヨウジヤマモト オム」店舗にて先行予約を受け付ける。

 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアリテールコレクション