「アレキサンダー・ワン」、NYで一足先に19年春夏コレクションを披露

  今年1月、従来のショースケジュールから外れることを発表した「アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)」。6月3日にニューヨークでランウェイショーを行い、最新コレクションを披露した。

AFP

 19年春夏コレクションは「Collection 1」と名付けられ、ワンらしいニューヨーク風ストリートウェアの美学を感じさせながらも、どこかノスタルジックな在りし日のアメリカを彷彿とさせる要素も取り入れていた。
 
 ベラ・ハディッド(Bella Hadid)やカイア・ガーバー(Kaia Gerber)をキャスティングし、ランウェにはバギーパンツやレースのブラレット、オーバーサイズのアウターが登場。スポーティなハイソックスからスリムなデニムショートパンツにシアーなトップスなど、アクティブウェアとジェットセットなグラマースタイルを見事にミックスした。また、凝ったブレザーにエレガントなトレンチ、レザーのミニスカートや、クラッシュデニム、ボリューム感が面白いシャツやクロップトップなども。
 
 アクセサリーで特に目を引いたのはバンダナで、首に巻いたり、ヘッドアクセサリーとしても活躍していた。その他、安全ピンでレースを留めたマスクのようなフェティッシュなアイテムや、スポーティなサングラスも目立つ。
 
 メイクアップに関しては、アメリカ国旗のカラーを顔にペイントしたモデルも見られたものの、全体としてはナチュラルな肌とフューシャのリップがメインとなっていた。

 

Copyright © 2018 AFP-Relaxnews. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッションショー
新規登録