「ミッソーニ」の株式41.2%を伊政府系ファンドFSIが買収

 「ミッソーニ(Missoni)」の株式41.2%を、イタリアの政府系ファンドFSI(Fondo Strategico Italiano)が取得するという。創業者一家は引き続き企業支配権を保有する。

Photo: Missoni

 取引は「ミッソーニ」側の財務レバレッジなしの第三者割当増資の形を取る予定。
 
 「ミッソーニ」は、1953年にオッタヴィオ(Ottavio)とロジータ・ミッソーニ(Rosita Missoni)夫妻がニットウェアメーカーとして立ち上げた。娘のアンジェラ(Angela)が20年間に渡ってデザインを手掛けている。
 
 FSIには昨年、元サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)CEOのミケーレ・ノルサ(Michele Norsa)が参画しているが、同氏が「ミッソーニ」の副会長職に就く。
 
 

© Thomson Reuters 2018 All rights reserved.

ファッション - ウェアビジネス