「オスカー・デ・ラ・レンタ」がフェルナンド・ガルシアとローラ・キムをクリエイティブディレクターに起用

 今年7月に退任したピーター・コッピング(Peter Copping)の後任として、「オスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)」はフェルナンド・ガルシア(Fernando Garcia)とローラ・キム(Laura Kim)をクリエイティブディレクターに起用した。

SCAD

 キムはデザインディレクターとして12年、ガルシアはシニアデザイナーとして6年と、以前にも「オスカー・デ・ラ・レンタ」での経験がある二人。デュオとして独立し、自身のブランド「モンス(Monse)」を2015年に立ち上げた。
 
 「私たちはこのメゾンで、オスカーからファッションの基礎を、アレックスからファッションビジネスを学びました。再び戻れることを非常に楽しみにしています。更に『モンス』で身に着けた知識も生かして、メゾンのヴィジョンをより発展させていきたいと考えています」と二人はコメントしている。
 
 創始者のオスカー・デ・ラ・レンタが2014年に死去した後は、ピーター・コッピングが2年間デザインを手掛けてきた。
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

人事