「J.W. アンダーソン」もメンズ・ウィメンズを統合へ

 「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」と「バレンシアガ(Balenciaga)」に続いて、「J. W. アンダーソン(J. W. Anderson)」が、メンズ・ウィメンズのランウェイショーを統合する。

J.W. Anderson AW2017-18 - © PixelFormula

 「メンズ・ウィメンズ統合によって、コレクション発表とバイイング可能な時期とを近づけ、小売店の待つ期間を短縮することが目的だ」とブランドは当紙に説明している。こうした理由から、「J. W. アンダーソン」はメンズを欠席し、その後に開催されるウィメンズファッションウィークの期間中にショーを行うことを決めた。
 
 来年1月に行われるロンドン ファッションウィークメンズのスケジュールから「J. W. アンダーソン」の名前は消え、ウィメンズ期間中の2月17日にメンズ・ウィメンズの2018-19年秋冬コレクションを同時発表する。
 
 デザイナーのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)は、「ロエベ(Loewe)」のアーティスティックディレクターも伝えており、先日は英ファッション・アワードで2冠に輝いた。他にも「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」、「グッチ(Gucci)」、「エトロ(Etro)」、「ディースクエアード(Dsquared2)」、「カルバン・クライン(Calvin Klein)」、「バーバリー(Burberry)」、「ケンゾー(Kenzo)」、「ヴェトモン(Vetements)」といった多くのブランドが、メンズ・ウィメンズのランウィショー統合を行っている。

 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他ファッションショー
新規登録