「The」から新ブランドがデビュー、最先端技術を用いた自転車とダウンジャケットが登場

  クリエーティブディレクターの水野学がディレクションを手掛ける「ザ(The)」が、スピンオフブランド「The Monster Spec」を発表した。第1弾としてオールラウンドバイク「The Monster Spec Bike "Allrounder"」(40万円〜70万円)と、ダウンジャケット「The Monster Spec® Down Jacket」(13万円/いずれも税別)を、11月中旬から全国の取り扱い店舗で順次発売する。

The Monster Spec® Bike "Allrounder"The Monster Spec

 「The Monster Spec」では最先端の技術や考え方に基づき、贅沢な仕様を施したアイテムが展開される。「The Monster Spec Bike "Allrounder"」は、40年以上の歴史を持つ大阪のフレームメーカー「東洋フレーム」との共同開発。フレームには、チタニウムチューブをメインで使用し、フレームヘッドとフレームエンドには航空機や宇宙産業で使われる最高グレードのチタニウムを採用した。カーボンベルトドライブの駆動機構は、メンテナンスフリーに加えて、金属チェーンの2倍長持ちする。
 
 「The Monster Spec Down Jacket」は、農作業での雑草や害虫対策のために飼育された生後90日以上の成鳥から採取した羽毛を使用。南極観測隊のウエアでも採用されているダブル構造と、独自のダウンチューブ構造により保温性・弾力性・耐久性に優れたジャケットに仕上がっている。薄くて軽量なナイロン生地は、リップストップタフタと呼ばれる引裂強度の高い組織で出来ており、全体には撥水加工が施される。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアコレクション