2015年最もネット検索されたデザイナーは?グーグルが発表

 グーグル(Google)が検索ワードで一年を振り返る「Year In Search」を発表し、2015年最も検索されたデザイナーのトップ10を発表した。

ラフ・シモンズ - © PixelFormula

 1位に輝いたのは、10月に「ディオール(Dior)」を退任したラフ・シモンズ(Raf Simons)で、2位にはスイムウェアブランド「ショシャーナ(Shoshanna)」のShoshanna Lonstein Gruss、3位には今年9月にメイクアップブランド「M・A・C」とのコラボコレクションを発表したイタリアン人デザイナーのジャンバティスタ・ヴァリ (Giambattista Valli)がランクインした。

 その他トップ10には米百貨店「コールズ(Kohl's)」とのカプセルコレクションをローンチしたタクーン・パニクガル(Thakoon Panichgul)やミシェル・オバマ大統領夫人が着用したことでも話題になったドレスブランド「タダシ ショージ(Tadashi Shoji)」の庄司正が入り、コラボレーションやセレブとの結びつきが強いブランドが目立った。


1位:ラフ・シモンズ(Raf Simons)
2位:Shoshanna Lonstein Gruss
3位:ジャンバティスタ・ヴァリ(Giambattista Valli)
4位:タクーン・パニクガル(Thakoon Panichgul)
5位:庄司正(Tadashi Shoji)
6位:エリー・サーブ(Elle Saab)
7位:カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)
8位:クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)
9位:ズハイル・ムラド(Zuhair Murad)
10位:トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - その他メディア