2018年ウールマーク・プライズ、日本代表にサルバムとヨウヘイ オオノが選出

 ザ・ウールマーク・カンパニーが、「2018/19 インターナショナル・ウールマーク・プライズ」(以下IWP)の日本のセミファイナリストとしてメンズウェア部門に藤田哲平が手掛ける「サルバム(Sulvam)」、ウィメンズウェア部門に大野陽平が手掛ける「ヨウヘイオオノ(Yohei Ohno)」を選出したことを発表した。両ブランドは7月に香港で開催されるIWPアジア地区大会に出場する。

左からサルバムの藤田哲平、ヨウヘイオオノの大野陽平

 今年のIWPには、46ヶ国以上、300人以上の新進デザイナーが応募。その中から創造性やデザインの独創性、イノベーション、ブランド認知が際立つ42人のデザイナーがセミファイナリストに選出された。

 セミファイナル大会は7月5日に香港、7月10日にロンドン、7月12日にニューヨークで開催され、セミファイナリストは審査委員にメリノウールを使用して製作したカプセルコレクションを発表する。12人のファイナリストがグローバルファイナル大会に進み、メンズウェア部門、ウィメンズウェア部門からそれぞれ1人が優勝者として選ばれ、業界のメンターサポートに加え、賞金20万豪ドル(約1,700万円 ※2018年5月時点の為替レート)が授与される。また、昨年創設された「イノベーション・アワード」も合わせて1名発表される。


 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアデザイン