221リステアなど8店舗 原宿に新商業施設「シックス テラス」オープン

 原宿の新商業施設「シックス ハラジュク テラス(SIX HARAJUKU TERRACE)」の内部が、4月4日の開業に先がけて公開された。コンセプトは「原宿の大人のたまり場」で、ファッションから飲食、ライフスタイルショップ、ヘアサロンまで、6区画に8店舗がオープン。原宿・表参道エリアに初出店するリステア(RESTIR)は、新コンセプトショップ「221RESTIR」の東日本1号店を施設内に展開しており、海外進出も視野に入れた店舗として展開していく。



 オリックスが手がける「シックス ハラジュク テラス」は、キャットストリートから一本入った隠れ家的な立地に位置し、施設内はテラスを中心に、感度の高いテナントで構成。ビーチサーフスタイルショップ「WTW」が提案するワンランク上の新ブランド「WTW SURF CLUB」やバッグブランド「マスターピース(master-piece)」のコンセプトショップ、本格コーヒースタンド「BYRON BAY COFFEE」の国内常設1号店、ハワイアンとメキシカンを融合させた新スタイルのカジュアルビストロ、ヘアサロン「APIS」、「221RESTIR」などが出店する。外壁には各テナントのテーマカラーを反映し、"テラスで繋がりを持たせながらも、各店舗の個性を引き立たせた集合体"を表現したという。

 「221RESTIR」は"ファッションをより身近に楽しむ"ためのショップとして、昨年8月に大阪・梅田に1号店がオープン。コスメティックやカルチャーグッズなど幅広いカテゴリの商品を取り扱うが、ファッションはリアルクローズをメインに提案している。今回の新店舗では、タイなどアジア圏の新進ブランドの取扱いもスタート。初上陸の香港ブランド「エディット(EDIT)」などをオリジナルと組み合わせて紹介していくことで、将来的には、日本を含めたアジア圏ブランドを欧米に発信していくショップを目指す。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

美容 - その他リテール