5周年「阪急メンズ東京」がリニューアル 新進気鋭ブランドなど編集型ショップ登場

 阪急メンズ東京が5周年を迎える2016秋冬シーズンのスタートに合わせ、5階と6階を中心にリニューアルし、8月27日にオープンする。6階には銀座・丸の内に集うファッション感度の高いこだわりのスタイルをもった男性に向け、国内外のファクトリーブランドと新進気鋭ブランドを自主編集したセレクトショップ「サードスタイル(3rd Style)」が出店するほか、日本初上陸となる英国スーツブランド「オースチン リード カット(Austin Reed Cut)」といった新規取り扱いブランドを多数そろえる。

5周年「阪急メンズ東京」がリニューアル

 6階「コンテンポラリースタイル」フロアに登場する「サードスタイル」は、今を生きる男性の働き方や生活価値の変化によって生まれた"オン"でも"オフ"でもない第3のシーンを楽しむスタイリングを提案するコンセプトショップ。2010年設立のフランスのコレクションブランド「リ アダムス(Ly Adams)」や「アルテア(Altea)」など、旬なブランドからアップカミングなブランドまで30ブランド以上を展開する。また、6階ジーニングエリアでは新たにデニムブランド「ヤヌーク(Yanuk)」初のメンズラインをフルラインナップで展開するほか、ハンドメイド加工に定評がある「タバニティ ソー ジーンズ(Taverniti So Jeans)」も加わる。
 
 5階「モダントラディショナルスタイル」フロアには、クラシックなテーラリングとファッション要素が融合したブランドとして注目を集める英国スーツブランド「オースチン リード カット」がオープン。日本では、オリジナルの型紙を使用し日本の縫製技術を用いて"リアルモダンブリティッシュスタイル(Real Modern British Style)"を提案する。そのほか5階「オーダーサロン」には英国のクラシックデザインをベースにしながらフィット感の高いミラノスタイルに定評のある「ピアチェンツァ ヘリテイジ(Piacenza Heritage)」を導入し、日本仕様の「ブルチナモデル」を展開。デビューイベントとして服地素材を使った長さと幅が選べるネクタイのパターンオーダーが実施される。
 

■阪急メンズ東京
リニューアルオープン:2016年8月27日(一部ブランドによりオープン日が異なる)
場所:阪急メンズ東京1階・5階・6階・7階
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1
電話番号:03-6252-1381
 
◯新規取り扱い・●新規導入・◎リニューアルブランド一覧
1F:◯パリジーニ(Parisini)、◯デルガ(Dell' ga)、◯ジェーエムシー(JMC)、◯シンプソン ロンドン(Simpson London)、◯ボルドリーニ セレリア(Boldrini Selleria)、◯マウリッツォ タイユーティー(Maurizio Taiuti)
5f:●オースチン リード カット(Austin Reed Cut)、◯ピアチェンツァ ヘリテイジ(Piacenza Heritage)、◯ドーメル アイデンティティ(Dormeuil Identity)
6F:◎シーピー カンパニー(CP Company)、●ヤヌーク(Yanuk)、●タバニティ ソー ジーンズ(Taverniti So Jeans)、◯カモ(Camo)、◯リ アダムス(Ly Adams)、◯コーベルト(Covert)、◯セラードア(Cellar Door)◯、アルテア(Altea)、◯ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)
7f:◎ディスティンクション エクステーラー(Distinction Extailor)、●ビーケーティーバイブルックリンテーラーズ(BKT by Brooklyn Tailors)、●シザーズアンドベース(Scissors & Bass)、●ライオンハート(Lion Heart)、●プリングル 1815(Pringle 1815)、◎アニエスベー(Agnès B.)

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

デニムリテール
新規登録