Cune運営会社の新業態セレクトショップ「水と油」が吉祥寺に

 「キューン(Cune)」を運営するマンモスが、吉祥寺に新業態セレクトショップ「水と油」をオープンした。

水と油 - 画像: マンモス

 「水と油」は吉祥寺本町2丁目の大正通り沿いに位置し、昨年オープンした「Cune Cune 吉祥寺」の2階に出店。店舗面積は約50平方メートルで、内装デザインはshape The Gearの渡辺俊介が担当した。「対極にあるものは引かれ合う」をコンセプトに、モードとカジュアル、シンプルとデコラティブ、新進気鋭と老舗、高価と安価、メンズとウィメンズといった、水と油のように対極のものをセレクトしている。
 
 2018年秋冬シーズンは、「Tokyo Fashion Award」を受賞した「クオン(Kuon)」をはじめ、「ベルパー(Belper)」「フィルザビル(Fill The Bill)」「フォルメ(Forme)」「ケイコ ニシヤマ(Keiko Nishiyama)」「ミーンズワイル(Meanswhile)」「ニシカ(Nisica)」「ステュディオ・ダ・ルチザン(Studio D'artisan)」など約10ブランドを取り扱う。また、11月18日からはイギリスを拠点に活動する「Keiko Nishiyama」のポップアップストア「驚異の部屋」が開催される。

 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨リテール