H&Mグループ、2020年までにモヘア素材の使用を廃止

 H&Mが、2020年までにモヘア素材の使用を廃止すると発表した。

H&Mグループ公式サイトより

 同社は動物福祉ポリシーとして、傘下ブランドで動物の毛や毛皮、ダウン、皮革の使用を禁止しており、2013年にはアンゴラウールの使用を廃止。今回動物愛護団体 PETA(People for the Ethical Treatment of Animalsの略称)との協議の結果、今後商品にモヘア素材を使用しないことを決めたという。
 
 なおファッション業界では、「マーク ジェイコブス(Marc Jacobs)」や「マイケルコース(Michael Kors)」「ヴェルサーチト(Versace)」「グッチ(Gucci)」「フルラ(Furla)」「トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)」「ステラ マッカートニー(Stella Mccartney)」「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」、アルマーニグループなどがファーフリー宣言をしている。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアテキスタイル産業