H&Mサポート企業がグーグルと協業 アプリでパーソナライズできる"データドレス"開発

  H&Mが支援する「アイビーレベル(Ivyrevel)」がグーグル(Google)と協業し、ライフスタイルに合わせてパーソナライズできる衣服、"コーデッド・クチュール(Coded Couture)"プロジェクトを開発している。現在、αテストを完了したところだという。

Google & Ivyrevel "Data Dress" - ©the Zoo, Google

 "コーデッド・クチュール"プロジェクトは、アンドロイドアプリを通じてユーザーのライフスタイルや好みを解析、それに合わせてパーソナライズされた "データドレス"をデザインするというもの。
 
 昨年グーグル I/Oデベロッパー・カンファレンスで発表されたAwareness APIを使用したアプリを通じて、カスタムドレスをデザインできるだけでなく、そのままオーダーもできる。
 
 一般向けリリースは17年秋に予定されているが、その前にトライアル希望者を募っている。
 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - その他イノベーション