Jeansation: モナコ公国でジーンズアワォード授与

Jeansation
jeansation.com
モナコはジーンズと国際的に活躍するデザイナーに焦点を当てている。アレクサンダー・イカールとジャン・イカールの発案でモナコ公国は11月27日ジーンゼイション・アワォードを開催する。「国際的に人気のあるジーンズという素材を使っての表現の場になるはずだ」とする。

このアワォードには18カ国から若いデザイナー80人が終結する。フランス、日本、イタリア、ベルギー、ロシア、スウェーデンなど。事前に選ばれた150着が業界のプロによって構成された審査員チームの前に展示される。審査員チームには代表のマルティン・ルエルピュール、マリテフランスワジルボーからミュリエル・ドゥ・ラマルゼル、Gスターとジルボーで経験をつみ自身のブランド、アン・アプレミディ・ドゥ・シャンで知られるデザイナーアラン・マルザ、ロンドン在住のスタイリスト、ヤスミン・アッカスなどが参加する。FashionMag.comからはエディーターシェフ、ブルーノ・ジョリーが審査員として参加する。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークなどに比べるとだいぶニュートラルなイメージのあるもなくだが、そこで5つの賞が授与されることになる。大賞、ベスト・オブ、グラマー(イブニング・ドレス)、ザ・ベスト(パンツ部門)、そしてザ・ベスト(ジーンズに合う一着部門)。モナコ人のオーガナイズによってこの賞は毎年開催される予定だ。「ブレッド・アンド・バターのようなジーンズの大きな展示会は存在するが、アワォードというのは存在しない。」とイカール氏は話す。jeansation.com上のヴァーチャル・ショールームでデザイナーの名前をチェックできる。

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

デニムデザイン
新規登録