Jinsが中国で30店舗突破 来年1月に米国進出へ

 「Jins(ジンズ)」を運営するジェイアイエヌが9月1日、中国国内の出店数が30店舗に達したことを発表した。Jins中国は現地で100店舗体制を目標に掲げており、計画実現に向けた重要店舗の一つとして「Jins 上海新世界人民広場店」を8月26日に出店。来年には米国進出を予定しており、今後グローバルでの店舗展開を加速させるという。


 新店舗の「Jins 上海新世界人民広場店」は、上海中心地の人民広場に位置する中国国内最大級の老舗百貨店内にオープン。同店舗を足がかりに現地デベロッパーに向けて知名度の向上を図り、独自のサービスを強みに、上海都市部以外にも中国全土で出店を拡大していく。

 「Jins」は、2010年12月に中国遼寧省瀋陽市にオープンした「Jinsヤマダ電機瀋陽店」で海外に進出。現在、日本と中国で合計300店舗を展開している。2015年1月にはカルフォルニア州サンフランシスコに米国1号店を出店予定で、アイウェアのグローバル市場におけるブランド認知の確立を目指す。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

アイウェアリテール
新規登録