LVMHで人事異動続く 「J.W. アンダーソン」CEOも退任

 「J.W. アンダーソン(J.W. Anderson)」のサイモン・ホワイトハウス(Simon Whitehouse)CEOが退任する。

Simon Whitehouse - Facebook - Facebook

 LVMHグループがブランドの少数株を取得した翌年にあたる2014年、ホワイトハウス氏は「J.W. アンダーソン」初のCEOに就任した。LVMHは先週も、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)社のシドニー・トレダノ(Sidney Toledano)CEOが来年頭に退任することを発表している。
 
 当紙に対し、ホワイトハウス氏本人も年末に退任する事実を認めたが、それ以外のコメントは控えた。親会社のLVMHグループは、すでに後継者探しを始めているとみられている。しかし現在のところ、当紙の取材に対するグループ側の回答はなされていない。
 
 関係者筋の話によると、今回の退任は円満なもので、ホワイトハウス氏が自身のライフスタイルの変化を望んでいることが理由だという。

コレクションを見る
J.W. Anderson - Spring-Summer2018 - Menswear - Florence - © PixelFormula

 サイモン・ホワイトハウスCEOの功績は高く評価されており、4年の在職期間中、多くのパートナーシップを成功させた。今秋発売されたばかりの「コンバース(Converse)」とのコラボレーションをはじめ、「ユニクロ(Uniqlo)」との企画も大きな話題を呼んだ。

 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨人事ビジネス