LVMHグループのラグジュアリーEC「@24Sevres」がローンチ

 LVMHグループのラグジュアリECサイト「@24Sevres」が6月6日、オンラインおよびパリの百貨店「ル・ボン・マルシェ(Le Bon Marché)」にオープンした。

Courrèges

 オープニングにあたっては、「ミュウミュウ(Miu Miu)」、「クロエ(Chloé)」、「リック・オウエンス(Rick Owens)」、「アクネ(Acne)」、「ケンゾー(Kenzo)」といったブランドから70型の限定商品も登場する。
 
 限定アイテムは各メゾンがアーティストとコラボレーションしたもので、「クレージュ(Courrèges)」はビニールのスペースエイジジャケットをクロエ・ワイズ(Chloé Wise)と制作。また、「ラビ・カイルー(Rabih Kayroux)」はラミア・ジアデ(Lamia Ziadé)と10点限定のエンブロイダリーコートを発売する。
 
 「ファッションに対するパリ風のアイディアだ。それぞれのブランドがクリエイティブな形で仕事をするというのはね。アイコニックな商品をアーティストと一緒にアレンジしてみせた」と話すのは、「@24Sevres」のエリック・ゴゲ(Eric Goguet)マネージングディレクターだ。将来的には取扱いブランド数を150にまで増やし、時折「ル・ボンマルシェ」百貨店でインスタレーションも行うという。LVMHの二大主要メゾンである「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」と「ディオール(Dior)」はまだ販売されていないが、エディター向けのギフトには「ルイ・ヴィトン」のビジネスカードが添えられていた。
 
 アーティストとの協業の他にも、「ミュウミュウ」の「レディバッグ(Lady bag)」はビジュー付きに、「フェンディ(Fendi)」の「ピーカブー(Peekaboo)」はアクリル樹脂のジオメトリック柄で登場。「クロエ」はグリーンとレッドのストライプバッグを3型作り上げた。

Chloé

 ラグジュアリーメゾンだけでなく、新進ブランドも揃えており、パリの業界人の間で高い評価を得る「ゴシェール(Gauchère)」や、やはりフランスのフレッシュなブランド「ロザンナ(Roseanna)」なども。「ゴシェール」は高級自動車メーカー「ブガッティ(Bugatti)」創業者の孫娘、キャロリーヌ・ブガッティ(Caroline Bugatti)とトレンチコートで協業した。また、「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」、「ニコラス・カークウッド(Nicholas Kirkwood)」、「トリー・バーチ(Tory Burch)」からはシューズを発売する。
 
 アイテムはすべて10~30点の数量限定発売で、少ないものは5点のみの生産となっている。
 
 「今回のポイントは商品の希少性だ。これは『ル・ボン・マルシェ』の強みでもある。何か特別なものを作るというのはね。だから、本当に少数の限定生産にしたんだ」とゴーゲ氏。
 
 「@24Sevres」という名前は、1852年に創業した老舗百貨店である「ル・ボン・マルシェ」の住所にちなんだものだ。
 
 LVMHは2015年1月から30ヵ月を費やし、今日のローンチまで漕ぎつけたという。6月6日からオンラインでの販売を開始し、同時にパリ7区にある「ル・ボン・マルシェ」百貨店のウィンドウディスプレイもジャックした。6月6日~11日の期間展示されている。
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズラグジュアリー - その他テーブルウェアリテール
新規登録