LVMH、7~9月は10%の増収

 LVMHグループが発表した2018年第3四半期の決算は、売上高が10%増の113億8000万ユーロ(約1兆4800億円)だった。米中間の貿易戦争による中国消費の落ち込みがラグジュアリー業界全体で懸念されるなか、不安を払しょくする形になったようだ。

コレクションを見る
Louis Vuitton - SS 2019 - Womenswear - Paris - © PixelFormula

  グループは、アナリスト向けの電話会議で「第1四半期の好調傾向が継続し、全事業が増収に貢献した」と補足している。
 
 一方で、オーガニックグロースは10%と前四半期に比べるとやや減速する結果になった。第2四半期は13%、第1四半期は11%を記録している。
 
 第3四半期累計(1-9月)売上高は331億ユーロ(約4兆3100億円)で、オーガニックグロースは11%。
 
 数日前、LVMHはCAC40で首位の座から転落している。やはり米中間の貿易関係が緊張する中で、中国における消費の落ち込みが懸念されたことが原因だ。
 
 グループの中核事業であるファッション&レザーグッズ部門は、第3四半期単体で売上高14%増の44億5000万ユーロ(約5788億9800万円)を計上した。
 
 また、免税店DFSや化粧品チェーンSephoraなどを含むセレクティブ:リテーリング部門の売上高は5%増の32億1900万ユーロ(約4187億5800万円)だった。
 
 ワイン&スピリッツは7%増の13億ユーロ(約1691億1600万円)、フレグランス&コスメティクスは10%増の15億3000万ユーロ(約1990億3700万円)となった。
 
 

(2018年10月10日現在、1ユーロ=130円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2018 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリーフレグランスコスメ美容 - その他ビジネス
新規登録