RMK創業者がディレクターに就任、「Three」展開するAcroの新ブランドが9月発売

 メーキャップアーティスト Rumikoが、化粧品ブランド「スリー(Three)」を展開するAcroから9月にデビューする新ブランドのクリエイティブディレクターに就任する。

Rumiko - 画像: Acro

 新ブランドは大人の女性に向けた廃プレステージメーキャップブランドで、価格帯は5,000円~3万円を想定。初年度は百貨店3店舗、公式ECサイトで販売する。世界で活躍し女性の肌を知り尽くすRumikoのもと、常識を覆す今までにないメーキャップブランドを目指すという。ブランド名は6月26日に発表する予定だ。
 
 Rumikoは米ヴォーグ(Vogue)でデビューし、世界各国の雑誌の表紙や有名ブランドの広告を手掛けハリウッド女優の専属メイクなども行い、1997年に「アールエムケー(RMK)」を発表。15年にわたってRMKのクリエイティブディレクターを務めた後、2014年にOffice Rumikoを設立し講演やイベント、広告で幅広く活躍している。
 
 Acroは今年創業10周年を記念し、同ブランドに加え業界初となるメイク中心のメンズ総合コスメブランド、40代〜50代の女性向けラグジュアリーナチュラルスキンケアブランドの3ブランドを立ち上げる。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

コスメ人事
新規登録