Sugizoが生演奏「ヴェンヌ」がMBFWTで初のランウェイショー開催

 ユウジスゲノが手がけるブランド「ヴェンヌ(Bennu)」が、渋谷ヒカリエで初のランウェイショーを開催した。「Mercedes-Benz Fashion Week Tokyo 2016 A/W」初参加となる今回は、ベーシックなデザインに仕上げたメンズ、ウィメンズのコレクションを発表。ショーではLuna Sea、X Japanに所属するSugizoが生演奏を披露した。

Sugizoが生演奏「ヴェンヌ」がMBFWTで初のランウェイショー開催

 2015年にスタートしたヴェンヌは、「ノーアイディー(No Id.)」を立ち上げたスゲノ ユウジが手がけるブランドで、「Wear The Mood」 をコンセプトに掲げ、"今の空気をカタチにするクリエイト"を追求。2016−17年秋冬コレクションでは、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の楽曲を着想源に、音楽に影響を受けて育った大人に向けたコレクションを発表した。切り替えを多用したレザージャケットや、レオパード柄 のロングコートなど、パブリックにこだわったというアイテムを揃えた。ショー開催に至った経緯についてユウジスゲノは「19年間デザインの仕事をしてき て、いつからか服を物としてみるようになっていました。ただ近年はやはり"ファッション"として服を表現していくことが大切だと考えるようになり、今回参 加することに決めました」とコメント。Glayなどの衣装を手がけるなど、音楽業界と親交が深いことから、Sugizoによるバイオリン演奏が実現した。


Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッションショー