×

アウトレット「横浜ベイサイド」が拡張、2020年春に開業へ

By
fashionsnap
掲載日
2018/06/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 三井不動産が、三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの建て替え計画の概要を発表した。今年9月に解体着工し、2020年春に開業する予定だ。

施設イメージ(北東エントランス) - Image: 三井不動産


 昨年1月に横浜市は、三井不動産による新大型施設が2023年に開業すると発表。今年4月には三井不動産が三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの一時閉館を発表し、今回の発表でオープンを2020年に前倒しした。建て替えにより、アウトレット施設は現在の2階建てから3階建てになり、店舗数は80店舗から150店舗に拡大する。
 
 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(開業時「横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ」)は、日本初の本格アウトレットとして1998年にオープン。9月2日の最終営業日までは閉館セールを実施している。


■三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
住所:神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
営業時間:物販 10:00〜20:00 レストラン 11:00〜20:30 ※店舗により異なる。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.