アシックスがCGを活用した新たなウェア設計技術を開発、着用テストや実験なしで評価可能に

 「アシックス(Asics)」は、CG作品などの制作を手掛けるオー・エル・エム・デジタル(OLMD)とCGを用いた新たなウェア設計技術を共同開発した。

アシックスとオー・エル・エム・デジタルによる新たなウェア統計技術

 同設計技術は、アシックススポーツ工学研究所が持つ運動時の体表面変形挙動分析技術とCG技術を組み合わせて開発。人の動きや皮膚の変形具合などを再現したデジタル人体モデルをコンピューター上に作製しウェアを着せ付けることで、着用テストや実験を行わずにウェアの着圧やシワ、ウェアが人に及ぼす影響などが評価できる。開発リードタイムやコストが低減できるほか、サンプルの作製を最小限に抑えられるため環境への負荷軽減にもつながるという。今後は、人の体型や動きに合わせた競技用スポーツウェアやランニング用タイツなどのカスタム製品開発への応用も検討していく。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

スポーツイノベーション
新規登録