×
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

アマゾンがラグジュアリーEC市場に本格参入、高級ブランドの販売プラットフォーム「Luxury Stores」開設

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/16

 アマゾンが、高級ブランドを取り扱うファッションサイト「Luxury Stores」を公開した。第1弾として「オスカー デ ラ レンタ(Oscar de la Renta)」をフィーチャー。現在は米国内で招待されたプライムメンバーのみ、アマゾンのモバイルアプリで利用可能となっている。

アマゾンが立ち上げた「Luxury Stores」より


 Luxury Storesは参加ブランドが直接販売できるプラットフォームで、価格や商品ラインナップ、配送オプションなどはブランドが独自に決定できる。利用者向けには商品を360度から確認できる機能を搭載し、CNBCやVogueの報道によると自身の体型や肌の色を選択して視覚化することもできるという。

 オスカー デ ラ レンタは2020年プレフォールコレクションから、プレタポルテやハンドバッグ、ジュエリー、アクセサリー、フレグランスをラインナップ。また、ブランドのブティックと公式サイトのみで販売されている2020年秋冬コレクションも取り扱っている。ローンチを記念し、カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)を主演に起用したムービーを公開。監督はバニー・キニー(Bunny Kinney)、スタイリングはジェイソン・ボールデン(Jason Bolden)が手掛けた。

 アマゾンは今後メンズウェアの取り扱いも予定しているといい、様々なファッションおよびビューティーブランドの出店が予想される。
 アマゾンによると、昨年のモバイル端末からのファッションアイテムの注文点数は10億点を超えたという。今年は新型コロナウイルスのパンデミックの影響から米国内では百貨店をはじめとする小売店の経営破綻が続いており、販路を模索するブランドにとってもLuxury Storesは好機になりそうだ。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.