×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

アルベール・エルバスが「トッズ」とコラボ

掲載日
today 2019/07/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 アルベール・エルバス(Alber Elbaz)が帰ってきた。ファッション業界で最も愛されているといっても過言ではないデザイナーのエルバスが、「トッズ(Tod’s)」とのカプセルコレクションで再び表舞台に姿を現した。

Diego Della Valle(左)Alber Elbaz(右) - Photo: FashionNetwork.com

 
 「Happy Moments」と名付けられたコレクションは、「ランバン」突然の解雇から4年間の体験に着想を得たものだという。
 
 パレ・ド・トーキョーで行われた発表会では、「結構経ったね。もう4年だ。幸せなときも、あまり幸せでないときもあった。だけど、それが人生さ」と語ったエルバス。

 「ディエゴ(・デッラ・ヴァッレ)(Diego Della Valle)と私は、食べ物とダブルジャケットが大好きでね。そこが共通している」と"らしい"ウィットも披露してくれた。
 
 「Tod’s Happy Moments」のロゴでは、「O」の字からエルバスの顔が覗いている。新しいローファーが登場したほか、ブラックとホワイトのメンズ・レディースで一対になったシューズも提案した。さらに、歩きやすいソールのスニーカーも。
 
 「ショーの様子を見ても、スニーカーが新しい車みたいになってるんじゃないかと思ってね。私がやりたかったのは、『トッズ』のソールを変えること。"ソウル(魂)"の方じゃないよ」とエルバス節は健在だ。
 
 オーナーのデッラ・ヴァッレも、「つい先月見つけた新しいデザイナーを紹介します」とユーモアを見せる。

Photo: Tod's


  「新しい戦略も新しいブランドも山ほどある。我々は、何か違うことをやってみたかったんだ。ファッション、コンセプト、デザイン、ブランドといったもので楽しむやり方をね」とデッラ・ヴァッレは続けた。先シーズンに始動した第一弾のコラボレーションでは、アレッサンドロ・デラクア(Alessandro Dell’Acqua)を起用している。
 
 エルバスはイタリアのマルケ東部にある「トッズ」の工場へ出向き、直接そこで仕事をしたという。「付き合っていたり結婚したりした二人が一緒に働ける世界で唯一の国がイタリアだ。他の場所ではすぐ解雇されてしまうからね!」。
 
 「私は"バズ"を起こす人間だ。エル"バズ"だよ」とエルバスは笑いながら締め括る。
 
 ランチやディナーの間には多くのファッション業界人と言葉を交わしていたが、その多くが幸せそうには見えないと感じたようだ。
 
 「色々な理由があるだろう……。我々は他人を幸せにしようとしているが、我々自身は幸せじゃない。皆の"第二の皮膚"にはなったけれど、自分自身の皮膚を失ってしまったんだ」。突然沈黙の落ちた部屋に、エルバスの言葉が響いた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com