×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

アレキサンダー・ワン、性的暴行疑惑を認める声明を発表

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/09

デザイナーのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)が3月9日の今日、複数の男性モデルへの性的暴行疑惑についてインスタグラムで声明を発表した。1月5日に発表したインスタグラムへの投稿では、一連の性的暴行疑惑を「根拠のないもの」として全面的に否定していたが、今回の投稿では「苦痛を与えるような行動をしてしまったことを後悔している」と述べており、告発の内容を概ね認めた。

ワンはインスタグラムにおいて、「最近、複数人から私の過去の行動についての告発を受けていた。私は告発の権利を支持するとともに、彼らの主張に注意深く耳を傾けた。彼らにとって体験を語ることは簡単ではなかっただろうし、苦痛を与えるような行動をしてしまったことを後悔している。個人的なやりとりの詳細について異なる点はあるものの、今後はより良い手本となれるように、私の知名度や影響力を活かしながら他人を害する行為に関する認識を広めていきたい。人生とは学びと成長の場である。私は今回学んだからには、成長していきたい」と投稿した。
 ワンによるセクハラ疑惑は、昨年12月にインスタグラムアカウント「ダイエット・プラダ(@diet_prada)」と「Shit Model Management(@shitmodelmgmt)」を通じて拡散。複数の男性モデルやトランスジェンダーモデルなどがTikTokとインスタグラムを通じて告発していた。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.