×
By
fashionsnap
掲載日
2020/01/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

アートストレージを併設したホテル「KAIKA TOKYO」が3月にオープン、NANZUKAなどが参加

By
fashionsnap
掲載日
2020/01/07

 リノベーションホテル「Kumu 金沢」や「Lyuro 東京清澄」などを展開するThe Share Hotelsが、8軒目となる「カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ(Kaika Tokyo −The Share Hotels−)」を、2020年3月31日に開業する。現在、公式サイトで宿泊予約を受け付けている。

KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS-


 カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズは墨田区本所エリアに位置する築53年の倉庫ビルをリノベーションし、ホテルとして活用する。延床面積は約3,700平方メートル。客室数は73室で、ツインやダブルの他にファミリーやグループ旅行にも対応できる4人部屋や6人部屋も用意する。ホテル名は「見せる収蔵庫」を意味する「開架」に由来し、地下1階から地上6階までの7フロアのうち、地上1階と地下1階の8区画にアートギャラリーが「見せる収蔵庫」として利用できるアートストレージを備える。宿泊料金は1万1,000円〜2万2,000円。

 アートストレージは、宿泊客以外も利用できるバーラウンジや天井高4.5mの宿泊客専用ラウンジに設置され、ゲストに日本の現代アートシーンを感じてもらえるスペースにするという。この他に、施設内にはアーティストの作品集などを取り扱う物販コーナーや企画展スペースを設けることで、アーティストの才能を「開花」するサポートを目指す。オープン時は「Clear Gallery Tokyo」「Kosaku Kanechika」「Nanzuka」「Voilld」「Yoshimi Arts」などのアートギャラリーの入居を予定している。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.