×
476
求人
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都

イエール国際モード&写真フェスティバル、新生「パコ・ラバンヌ」クリエイティブディレクターが審査委員長に 4人の日本人が最終選考入り

掲載日
today 2016/02/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 4月21日~25日に開かれるイエール国際モード&写真フェスティバル(Festival de mode et de photographie de Hyères)の審査員長として、新生「パコ・ラバンヌ(Paco Rabanne)」のクリエイティブディレクター、ジュリアン・ドッセーナ(Julien Dossena)が選ばれた。同メゾンはプーチ(Puig)グループ傘下にあり、そのファッション部門のトップを務めるラルフ・トレダノ(Ralph Toledano)氏はフェスティバルの重要人物でもある。また、モードのクリエーターとクチュリエのプレタポルテ組合(Fédération Française de la Couture du Prêt à Porter des Couturiers et des Créateurs de Mode)の会長としても有名だ。

ジュリアン・ドッセーナ Paco Rabanne - Spring-Summer2016 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 しかし、ドッセーナ選出の理由はそれだけではない。彼自身、2006年には、まだ学生の時分に同フェスティバルで「1、2、3賞」を受賞している。また、メゾン「パコ・ラバンヌ」は第31回の特別ゲストだ。
 
 本格的に再スタートを切った「パコ・ラバンヌ」は、最近パリのカンボン通りに路面店を開いたばかり。

 昨年は「シャネル(Chanel)」のクリエイティブスタジオディレクター、ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)が審査員長を務めた。「シャネル」は勿論今年もパートナーとして参加しており、他にも、LVMHグループ、プルミエール・ヴィジョン(Première Vision)、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)、フランスクチュール連盟(Fédération Française de la Couture)やモードのクリエーターとクチュリエのプレタポルテ組合、ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)などが名前を連ねる。
 
 53ヵ国300組が集まった中から、10組の候補者が最終選考に残った。うち、黒沢秋乃、富永航、木下翔平、向祐平ら4人の日本人が選出されている。
 

■第31回イエール国際フェスティバル ファイナリスト
Laura Boned (ウィメンズ、フランス)
Claura Daguin (ウィメンズ、フランス)
Rolf Ekroth (メンズ、フィンランド)
Hanne Jurmu&Anton Cartiainen (メンズ、フィンランド)
木下翔平(Shohei Kinoshita)(ウィメンズ、日本)
Clémentine Küng (メンズ、スイス)
黒沢秋乃(Akino Kurosawa)(ウィメンズ、日本)
向祐平(Yuhei Mukai)(ウィメンズ、日本)
Amanda Svart (ウィメンズ、スウェーデン)
富永航(Wataru Tominaga)(メンズ、日本)

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com