×
237
求人
ADIDAS
Manager, Human Resources Business Partnering
正社員 · TOKYO
QVC
sr IT Project Manager
正社員 · CHIBA
QVC
Program Planner / プランニング&プログラミング部門 番組編成 プログラムプランナー
正社員 · CHIBA
ADIDAS
Manager Key Account (Lifestyle)
正社員 · TOKYO
CROCS
Marketplace Specialist, E-Commerce
正社員 ·
ADIDAS
Manager Assortment Planning, Concept to Consumer, Brand Adidas
正社員 · TOKYO
NEWELL
Sales Representative - Aprica
正社員 · OSAKA
NEWELL
Senior Manager, Ecommerce
正社員 · MINATO CITY
L'OREAL GROUP
Japan Group Product Manager (Ldb, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan D2C Ecommerce & Digital Services Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Trade Marketing Project Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
ESTÉE LAUDER
Demand & Execution Planning Senior Manager
正社員 · Chiyoda City
L'OREAL GROUP
Japan Purchasing Excellence Mgr/ Lead (Indirect Purchasing)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Brand Contents Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Area Customer Manager (sp/Variety) (Takami)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Privacy & Legal Counsel
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
E-Business Manager / Specialist (Takami)
正社員 · Tokyo
QVC
sr Total Rewards Partner (jp)
正社員 · CHIBA
L'OREAL
CRM
正社員 · 東京都
L'OREAL
コーポレート
正社員 · 東京都
L'OREAL
トレーナー
正社員 · 東京都
掲載日
2019/04/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

イオンモール/2月期、日本・アセアン事業が好調で売上高8.6%増

掲載日
2019/04/09

 イオンモールが4月9日に発表した2019年2月期連結決算によると、売上高3129億7600万円(前期比8.6%増)、営業利益529億8700万円(7.7%増)、経常利益522億600万円(6.5%増)、親会社に帰属する当期利益335億3800万円(9.8%増)となった。

The Outlets Hiroshima


 日本事業の売上高2683億5800万円(5.0%増)、営業利益は524億1500万円(4.7%増)。
 
 モール事業は、既存モールにおいて2モールの増床、6モールのリニューアルを実施した。積極的な既存モールの増床およびリニューアルに加え、「ハピネスモール」の取り組みを通じた新たな顧客層の取り込み、ローカライゼーションの推進を目的とした営業施策を実施した。

 新規事業拠点として、新フォーマットのThe Outlets Hiroshima(広島県)のほか、イオンモール座間(神奈川県)、イオンモールいわき小名浜(福島県)、イオンモール津南(三重県)をオープンした。
 
 2モールで増床、6モールでリニューアルを実施した。
 
 また、国内における消費需要の喚起を目的として、11月23日から25日の3日間に「イオンモール ブラックフライデー」を全国のイオンモールで行った。
 
 同企画は今回で3年目を迎えたことで、お客の認知度が高まり、今年も、目玉商品を期間限定価格で取り揃えるなど、さまざまな企画実施により集客拡大を図った結果、期間中の来店客数は対前年同期比2.7%増、売上は6.6%増と好調に推移した。
 
 中国事業は売上高333億6900万円(39.6%増)、営業損失は4億5300万円(前連結会計年度は11億3200万円の営業損失)。
 
 17モール中10モールで黒字化を達成し、営業損益は、前連結会計年度と比較して6億7900万円の利益改善となった。
 
 次期は、売上高3260億円(4.2%増)、営業利益620億円(17.0%増)、経常利益540億円(3.4%増)、親会社に帰属する当期利益337億円(0.5%増)を見込んでいる。
 
 アセアン事業は、売上高112億4800万円(29.1%増)、営業利益は9億9900万円(約5倍)。
 
 全7モールで黒字化を達成した。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com