インディテックス、2012年上期純利益は32%増と大幅増益

 「Zara(ザラ)」などを展開するスペインのアパレル大手Inditex(インディテックス)が9月19日、2012年上半期(2-7月期)決算を発表した。同期純利益は前年同期比32%増の9億4400万ユーロ(約963億円)、売上高は同17%増の72億3900万ユーロ(約7384億円)だった。利払い・税・償却前利益(EBITDA=コア利益)は29%増の16億2100万ユーロ(約1653億円)。

 インディテックスは声明で、グループ売上全体の3分の2を占める「ザラ」や「Pull and Bear(プル・アンド・ベア)」、「Bershka(ベルシュカ)」、「Massimo Dutti(マッシモ・ドゥッティ)」といったブランドの新店舗を「上期に39カ国で166店舗オープンし、世界85カ国で展開する店舗総数は5693店舗となった」と説明。

「Zara」北京店
 売上高世界1位のアパレル企業である同社は、アジアを中心とした国際展開戦略を積極的に進め、2011年には同セクターでの最高益を記録。スウェーデンのアパレルメーカー、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の2倍の利益を計上した。また、主要ブランド「ザラ」は9月5日、中国でオンラインブティックをオープンし、ネット販売を開始した。同社は欧州18カ国のほか、日本や米国でもオンライン販売を展開している。

 インディテックスは現在もデザイン業務全般と生産の一部をスペイン国内で継続しており、スペイン南西部ガリシア州ア・コルーニャ県アルテイショにある本社の拡張プロジェクトに取り組んでいる。9万平方メートルの既存社屋に7万平方メートルを増築すると同時に、スペイン中部グアダラハラに30万平方メートルの土地を取得、国際物流センターを新たに建設する。投資総額は4億5000万ユーロ(約459億円)となり、1400人の新規雇用を創出すると見られている。

 同社はまた、「2012年8月1日〜9月17日の既存店売上高は恒常為替レートで前年同期比17%増」となり、第3四半期も大幅な増益が見込めるとの見通しを示している。

(1ユーロ=102円で換算)

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアリテール
新規登録