×
掲載日
2014/05/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

インビスタ社、初のオーガニック ライクラを発表

掲載日
2014/05/14

 世界最大級のポリマー・繊維総合企業Invista(インビスタ)社が、オーガニック原料を使用した初の「Lycra(ライクラ)」を発表した。この「オーガニック スパンデックス」は、トウモロコシ由来のグルコースから生成した再生可能な素材を70%使用。




 新しいライクラは、製造プロセスを変更することなく、従来のライクラと同様に使用できるという。従来のスパンデックスは製造過程で多くの二酸化炭素を排出する。インビスタ社は、今回発表した新素材を採用することにより、CO2排出量を削減できるとしている。

 より汚染の少ないソリューションや製品を求めるブランドや消費者も増えており、今回の新素材はそうしたニーズに応えるものとなる。

 Invista Apparelの持続可能な開発部門国際ディレクター、Arnaud Tandonnetは、「当社では、衣料・繊維業界における持続可能な開発を重視している」「当社の研究施設において、実用可能な新繊維の製造に成功した。市販化は、2015年秋冬および2016年春夏コレクションを予定している」 と説明。

 「Lycra(ライクラ)」や「Cordura(コーデュラ)」を展開する同社は、現在約20カ国で事業を展開し、約1万人の社員を抱えている。

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com